お墓よりも金銭的な負担が少ない散骨葬

PR|大阪での急な葬儀にも対応| 遺骨の処分はご相談を|

日本では家族が亡くなった後、お墓を建てる風習が染み付いています。できる限り立派なお墓を建てて上げたいと遺族は思うものですが、経済的な問題でお墓を建てる余裕がなく、遺骨を処分するのに困っている人たちも少なくないといわれています。兄弟や子供の数が少なく、給料が上がる実感をなかなかもてない現代人にマッチした納骨の方法として、散骨葬が注目度を高めています。

散骨葬とは亡くなった人の遺骨を海に撒いて弔う方法です。お墓に納骨するのが当然だと思っている世代の人には抵抗のある埋葬方法に見えるものの、日本でも徐々に散骨による埋葬に理解を示す人が増えてきているため、決して非常識とは言えません。散骨葬なら、お墓を建てる費用に比べてずっと安く済ませることができます。お墓だと100万円を軽く超える場合も珍しくないほど、多額の費用がかかります。

一方の散骨葬であれば安いプランを選ぶと5万円程度、高くても30万円程度で済みます。亡くなった家族に対し、生前にかかった入院費や通院費、交通費の他、葬儀代などの負担を考えると、埋葬にまでそこまで多額のお金をかけられないと感じる遺族にとってはありがたい埋葬方法だと言えるでしょう。散骨について法律違反ではないかと心配する人もいるでしょうが、今の日本の法律なら海に直接遺骨を撒いても違法になりません。

海洋汚染等の問題を起こさなければ認められている方法なので安心です。とはいえ、大きな遺骨をそのまま海に投げ入れるのはモラル上よくありませんので、細かく粉砕して撒くのが散骨の基本です。依頼は専門の業者に頼みます。インターネットを通じて全国どこからでも依頼できる業者が多数存在します。

業者によって散骨する場所は違いますが、選べる場所の多くが美しい海と景色が広がる人気スポットばかりです。業者に散骨を代理でやってもらう方法が最も費用を安く抑えられます。やや費用が高くなっても構わないなら、複数組の遺族が船に乗って散骨するプランの他、1組の遺族がクルーザーを貸し切って散骨するプランも選べます。

PR|AGAでお悩み解決|お家の見直ししま専科|マーケティング経営研究.net|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|ダイエットチャレンジ100日|英語上達の秘訣|AGAお悩み相談.com|女性のための薄毛治療研究会|ゴミ屋敷解消Q&A|SEOアクセスアップ相互リンク集|生命保険の口コミ.COM|